オンチップ・イオントラップに捕獲された100個のカルシウムイオン

田中歌子グループは原子物理学と微細加工技術を融合したオンチップ・イオントラップの研究開発を行う国内唯一の研究室です。

原子を1個1個のレベルで個別に操作するイオントラップとレーザー冷却の技術をベースに、最先端の微細加工技術をもつ国内外の研究機関と連携して、研究を進めています。

新たな量子情報・量子計測技術を開拓する国家プロジェクトへの参画、大阪大学とドイツ物理工学研究所との国際ジョイントラボの設置など幅広い研究活動を行っています。

〒560-8531  豊中市待兼山町1-3 大阪大学大学院基礎工学研究科 システム創成専攻 電子光科学領域 田中グループ

E-mail: utako_atmark_ee.es.osaka-u.ac.jp (田中 歌子)

※迷惑メール対策のため「@」を「_atmark_」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。

ニュース

2022年05月13日
NICTが開発したシステムで、田中グループの実験室をアバターが動くバーチャルラボツアーを開催し、ドイツPTBのグループが参加しました
2022年05月11日
グループの写真を更新しました
2022年04月23日
田中講師がThe 4th Asia-Pacific Workshop on Trapped Quantum Systems(APTQS2022)で招待講演を行いました
2022年04月10日
『生産と技術』2022年春号に田中講師の記事が掲載されました。
2022年04月01日
B4の大塩君がグループに加わりました
» 続きを読む