ニュース一覧

M2の中村君とM1の佐々木君が国際ワークショップ11th International Workshop on Fundamental Physics Using Atomsでポスター発表を行いました。

M2の中村君とM1の佐々木君が、沖縄科学技術大学院大学で開かれた国際ワークショップ

11th International Workshop on Fundamental Physics Using Atomsでポスター発表を行いました。

沖縄科学技術大学院大学(OIST)構内

OISTから臨める恩納村の海岸風景

ポスターセッションの様子

2019年03月06日

田中講師がNACTIに参加しポスター発表しました

米国メリーランド大学で2019年7月22日から7月26日まで開催されたThe 2nd Nofth American Conference on Trappied Ions (NACTI)に田中講師が参加し、ポスター発表しました。 この国際会議はイオントラップの研究者が一同に会し、最新の成果を発表し情報交換する会議で、北米だけでなくアジア、ヨーロッパからも多くの研究者や学生が参加します。約30件の講演と、約90件のポスター発表があり、最終日にはメリーランド大学のラボツアーがありました。またイオントラップ量子コンピュータのベンチャー企業(IonQ、Alpine Quantum Technologies)代表と、米国企業Honeywellのイオントラップ量子コンピュータの部署の代表らによるパネルディスカッションも開かれ、たいへん刺激ある会議となりました。

会場のEdward St. John Learning and Teaching Center

講演会場

ポスターセッション会場の様子

2019年08月15日

招へい教授のオスペルカウス先生が滞在されました

ドイツ・ハノーバー大学/ドイツ物理工学研究所の教授で、大阪大学招へい教授のクリスチャン・オスペルカウス先生が11月24日から12月2日まで滞在されました。これは基礎工学研究科未来研究推進センター国際ジョイントラボTRiAC(International joint laboratory for TRapped-Ion integrated Atomic-photonic Circuit)の活動の一環です。セミナーでは冷却イオンをマイクロ波で操作する量子ゲートの最新の成果を講演されました。またイオンを用いた量子コンピュータのために開発された制御システムのチュートリアルも行っていただきました。

セミナーの様子 講演題目:Robust and resource-efficient microwave near-field entangling gates

イオンを用いた量子コンピュータのために開発された制御システムのチュートリアルの様子

2019年12月02日

2019年納会を行いました

12月27日、2019年最後のミーティングのあと、石橋で納会を行いました。

2019年12月28日

M1の斉藤君がFPUA2020で発表しました

M1の斉藤君が2020年1月9日、理化学研究所大河内記念ホールで行われたThe 12th International Workshop on Fundamental Physics Using Atoms (FPUA2020) で発表しました。

2020年01月13日

学位記授与式がありました

2020年3月25日に学位記授与式があり、M2の佐々木君、B4の井上君、長野君が卒業しました。おめでとうございます。

実験室で学位記を手に笑顔の佐々木君と井上君

2020年03月25日